​検索結果

2019/11/19

いま話題のレジ袋の有料義務化について、当初の2020年4月予定よりも3カ月遅れの2020年7月1日からとなることが決まりました。 具体的には、12月末に容器包装リサイクル法の省令が改正されます。 対象外の買い物袋としては、 (1)バイオマスプラスチックの配合率が一定以上(施行当初は配合率25%以上) (2)繰り返し使用の観点から厚さが50μm以上 (3)海洋生分解性の買物袋 ・レジ袋の料金については、事業者が自ら設定、その使途も自ら決定される ・対象業種は中小企業・小規模事業者も含めてあらゆる業種 ・実施時期は、システムの変更や買物...

2019/11/10

首都圏9都県市、プラごみ対策で国の支援要請へ ・首都圏の1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)と、5政令指定都市は6日、プラスチックごみによる海洋汚染対策の強化に向けて、国へ支援を要望することで合意した。 ・内陸部や河川のごみについても海洋ごみ対策と同等の支援を講じるよう、近く9都県市共同で小泉進次郎環境相に要望書を提出する。 ・東京都内で開いた九都県市首脳会議で、神奈川県の黒岩祐治知事が提案した。漁業者による海洋ごみの回収への新たな支援制度も国に求める。 ・首脳会議では、首都圏に大きな被害をもたらした9~10月の台風を巡っても、出席...

2019/11/07

・レジ袋の有料化義務化の検討がスタート(経産省と環境省のレジ袋検討小委員会) ・11月に制度案をまとめ、パブリックコメントを経て12月に制度改正 ・2020年4月1日の施行予定 ・容器包装リサイクル法の枠組みの基本に「小売業に属する事業を行う者の容器包装の使用の合理化により容器包装廃棄物の排出の抑制の促進に関する判断の基準となるべき事項を定める省令」を見直す ■具体的な制度案 (1)プラスチック製の買物袋については有料化を義務づける (2)対象は消費者が商品購入に際し商品を持ち運ぶために用いるプラスチック製の袋 (3)衛生管理の観点...

2019/11/02

改正フロン排出抑制法の施行日について2020年4月1日とする政令などを閣議決定された。(10/1) ■フロン類の排出抑制を推進する指定製品の断熱材に以下を追加 ・現場発泡用の硬質ポリウレタンフォーム用原液のうち住宅の工事現場以外で断熱材の成形のために用いられるもの ・硬質ポリウレタンフォームを用いた断熱材、冷蔵機器及び冷凍機器 ■報告の聴収、立入検査 ・改正法に盛り込まれた都道府県知事による特定解体工事元請業者、第一種特定製品引取等実施者に対する報告の聴収、立入検査について、それらの実施方法も定めている http://www.env...

2019/10/27

・三重県亀山市の市内の事業所が排出する廃プラスチック類を、市のゴミ処理施設で処分できるようになる ・亀山市のガス化溶融炉は、ごみ処理能力に余裕があることを生かそうという発想で、市町村レベルでは珍しい試み ・亀山市は、将来的に未処分のごみが増えることを防ごうと考え、産業廃棄物の廃プラスチック類も一緒に処理するようにした ・市は、ガス化溶融炉は1300度以上で燃やすため灰が少なく、最終処分場に困らないという。 ​<所感> ・自治体の焼却炉は、人口減に伴い、ごみの量も減っている。 ・しかし、  ・市民のための焼却炉ということ、  ・年間の...

2019/09/16

以前も本コラムでご案内しているネタですが、太陽光発電事業者に対する廃棄費用の積み立てということで、資本比5%で検討されています。 資源エネルギー庁の総合資源エネルギー調査会「太陽光発電設備の廃棄等費用の確保に関するワーキンググループ」の第4回会合が先月26日に開かれ、積立て制度のを検討されています。 ・積立ての金額については、調達価格で想定している廃棄費用の額(資本費の5%)を原則 ・積立ての頻度は調達価格の支払いなどと同じ月 ・入札案件については調達価格等算定委員会で想定される廃棄等費用を定める ・積立金の取り戻しは、解体事業者と...

2019/09/08

経済産業省と環境省は7月16日、改正フロン排出抑制法の施行に向けて関係法令改正案を公表(全面施行は2020年4月1日を予定) http://www.env.go.jp/press/106998.html 各主体が講ずべき事項として、以下が追加される。 (1)特定解体工事元請業者は、第1種特定製品の設置の有無についての確認、説明を適切に実施し、特定解体工事発注者から依頼された場合には、第1種特定製品・第1種特定製品に冷媒として充填されているフロン類の適正な取り扱いに努める (2)第1種特定製品引取等実施者は、フロン類の回収が確認されな...

2019/06/16

■レジ袋有料化法案、環境大臣が制定方針 ・環境大臣は、プラスチックごみを削減するため、レジ袋の無償配布を一律に禁止する新たな法令を制定する方針 ・来年の通常国会にも関係法を提出する ・単独の法律にするか、容器包装リサイクル法の改正も含めた対応になるかは未定 ■レジ袋、来年4月から有料義務化(経産省大臣) ・経産省大臣は、15日、スーパーなどで配られるプラスチック製のレジ袋の有料義務化(無料配布の廃止)について、来年4月1日の実施をめざすことを明らかにした。 ・省令改正を念頭に関係省庁と調整するとともに、義務化の対象となるレジ袋の範囲...

2019/06/16

中国などの廃プラの輸入禁止措置により、国内の廃プラスチック類が滞留し、処理が逼迫している状況を踏まえて、環境省から令和元年5月20日付けで「廃プラスチック類等に係る処理の円滑化等について(通知)」が発出されたのを受け、自治体のサイトでも案内がでております。 ​​例えば、茨城県、埼玉県からの案内は、以下の項目のみです。 <茨城県> http://www.pref.ibaraki.jp/seikatsukankyo/haitai/shisetsu/shisetsu/haipura.html ◇環境省通知の主な内容  ①排出事業者責任の徹...

2019/06/09

ここ最近の「廃棄物」や「資源循環」に関するニュースは、「プラ」に関するものが非常に多いですね。 というのはやはり、まもなくのG20に向けてなのでしょうか。。。 少しご紹介いたします。 <環境省> 「プラスチック資源循環戦略」の策定について(令和元年5月31日) https://www.env.go.jp/press/106866.html 「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」の策定について(令和元年5月31日) https://www.env.go.jp/press/106865.html <ニュース> ペットボトル再利用で...

Please reload

アーカイブ

Please reload

タグから検索

Please reload

​最新記事