• 坂本裕尚

未処理汚水こっそり放出「秘密の管」111カ所、仙台(2017.04)


仙台市が、大雨のときにマンホールなどから汚水があふれないよう、未処理のままの汚水を「秘密の管」から川などに流していた――。

「緊急避難」として、30年近く前からこっそり行われてきた実態が、3月の市議会で明るみに出た。市は国土交通省にも初めて報告。「好ましくない」と改善を求められている。 http://www.asahi.com/articles/ASK3W7T2FK3WUNHB017.html

さて、このような事案は仙台市に限ってのことでしょうか? いや、私はそうではないものと思われます。 以前、処理業者を監査した際に見つけたのですが、(排水はそれほどは多くはでないものの)周囲の側溝にそのまま排水を垂れ流しという処理業者も実際にありました。(側溝の汚染が確認できました。)

ところが、その処理業者の説明では、自社の浄化槽で排水処理を行っているとの説明でした。 びっくりですよね。 私はその処理業者の説明に不安を覚えたので、そのまま信用することなく、敷地外の側溝を確認することによってこの事実を把握することができました。

★このつづきの「監査の仕方」は、今月中に発信予定のメルマガでご紹介します!

(このページは、メルマガのバックナンバーの履歴のページですが、今回は予告とのこと、ご了承ください。)

坂本裕尚

#不適正処理

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • LinkedIn Social Icon
  • Blogger Social Icon

Copyright © 2016 図解超入門!はじめての廃棄物管理ガイド~これだけは押さえておきたい知識と実務 / 坂本裕尚 All Rights Reserved.